内容証明誓約書示談書作成代行

後遺障害等級認定の方法

事前認定(加害者請求、保険業者)

一括払いをしている任意保険会社がサービスで行う手続方法です。
任意保険会社は、後遺障害診断書や画像などの資料を損害保険料率算出機構に書類を提出し、等級認定を求めます。等級が決まると任意保険会社は示談交渉に移り、示談が成立すると賠償金が支払われます。

メリットは煩雑な手間がかからない事です。

デメリットは任意保険会社には立証責任がないので、被害者の立場に立った立証を期待しにくい事です。

被害者請求(本人 専門家の代理)

被害者自ら手続する方法です。
ご自身で後遺障害診断書・その他書類を収集し、加害者の自賠責保険会社に提出します。自賠責保険会社から損害保険料率算出機構に書類が回り、等級が決まると被害者は通知を受けます。

メリットは等級認定に向けて自分自身で立証をするため透明性が確保できる事です。また、認定されると前もって自賠責の限度額をもらえる事です。

デメリットは、煩雑な手間がかかる事です。また、効果的な立証がどのようなものか判りにくい事です。

このページの先頭へ