内容証明誓約書示談書作成代行

後遺障害等級認定の審査

後遺障害の等級は損害保険料率算出機構によって認定されます。

損害保険会社等で受け付け、自賠責損害調査事務所に書類が送付されたご請求について、自賠責損害調査事務所で損害調査を行います。

損害調査の過程において、自賠責損害調査事務所では判断が困難な事案については、自賠責損害調査事務所の上部機関である地区本部・本部で審査が行われます。

特定事案については、自賠責保険審査会において審査が行われます。

 

 

等級認定手続では、原則として、提出した書面が審査の対象となります(書面主義)。

これは、等級認定手続において「その人の後遺症が、どの等級の要件を満たしているか」、または「その人の後遺症には、事故との因果関係があるか」などを、等級認定の基準に沿って、『書面のみ』で審査し判断するということです。

 

 

適正な損害賠償のためには、適正な等級認定を受ける必要があり、適正な等級認定のためには、等級認定の基準・要件を把握し、ポイントをおさえて過不足なく書面(立証資料)を提出することが必要です。

このページの先頭へ