内容証明誓約書示談書作成代行

自賠責保険について

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは

自賠責保険は、交通事故の加害者が負う経済的な負担を補うという手段により、被害者を救済する目的とするもので、原付を含む全ての自動車に加入が義務付けられています。一般に強制保険と呼ばれるものです。

自賠責保険契約に加入せずに、又は有効期限切れで車を運行すると、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになります。

なお、無保険車の事故・ひき逃げ事故による被害者の場合、政府保障事業によって、救済が図られています。

 一般には過失割合の高い側を指して加害者と呼びますが、自賠責保険では、過失の大小に関わらず、ケガをした人・死亡した人が被害者となります。という事は過失がほとんどなくても、相手方が重傷を負っている等の場合には、加害者になることが有り得ます。また、双方がケガをした場合には、加害者でもあり、被害者でもあるという事になります。

  

 

重過失減額について

重大な過失による減額

自賠責保険においては、被害者に重大な過失があった場合のみ、被害者の過失割合に応じて損害額から減額されます。なお、損害額が支払限度額を超える場合は、支払限度額から減額されます。
任意保険の場合、被害者に過失があった場合は厳格に過失相殺が行われますが、自賠責保険では過失相殺は行われません。

被害者の過失 後遺 障害の場合
死亡の場合
傷害の場合
死亡に至るまでの傷害の場合
7割未満 減額なし
7割以上
8割未満
2割減額 2割減額
8割以上
9割未満
3割減額
9割以上 5割減額

 

事故と死亡・後遺障害との因果関係の判断が困難な場合の減額

 被害者が事故前から傷病があった等により、死亡や後遺障害の原因が事故によるものかどうか判断が困難な場合には、死亡および後遺障害による損害額から5割減額されます。
 なお、損害額が支払限度額を超える場合は、支払限度額から5割減額されます。

 

保険金が支払われない場合について

 

1.加害者に責任がない場合

加害者が次の3条件(自賠法第3条但書の3つの要件)をすべて立証できる場合。

  • 自己および運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと
  • 被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったこと
  • 自動車に構造上の欠陥または機能の障害がなかったこと

2.いわゆる自損事故で死傷した場合

3.自動車の運行とは無関係の場合
 駐車場に駐車してある自動車に、ぶつかった場合など
 

4.被害者が「他人」ではない場合
 被害者所有の自動車を友人が運転していて自損事故を起こした際、その自動車に同乗していた自動車の所有者が死傷した場合
 

このページの先頭へ