内容証明誓約書示談書作成代行

一括払いについて

一括払いとは?

前提として、加害者が、任意の対人賠償保険に加入している事が条件となります。

この任意保険は、自賠責保険の上積み保険ですので、任意保険会社は自賠責保険では足りない損害のみを被害者に支払うことになります。この場合には、被害者が自賠責保険と任意保険の両方に請求しなくてはならなくなってしまいますが、被害者の便宜を図るために一括払い制度があります。

一括払いとは、加害者が加入している任意保険会社が窓口となって、自賠責保険と任意保険の賠償金を一括して被害者に支払う任意保険会社のサービスです。任意保険会社は一括して支払ったのち、自賠責部分を自賠責保険会社から回収します。

一括払いの効果

被害者は任意保険会社に請求すれば足りるので、自賠責保険と任意保険の両方に請求しなくて済みます。

一方で、一括払い制度は保険会社にもメリットがあります。
保険会社は賠償額支払いのために、被害者から同意書を取って診断書や診療報酬明細書を入手します。このため、保険会社は治療内容等を把握でき、賠償の見通しが立ち、示談交渉等のペースを握ることができます。

一括払いは、任意保険会社のサービスですので、治療期間が長期化した場合等に、症状固定や他覚所見のない治療費は負担できない等の判断をし、支払いをストップすることがあります。この場合に自覚症状を我慢して治療をやめる必要はありません、健康保険等利用して治療費を抑えつつ、医者との相談も合わせて治療を続ける事を勧めます。

被害者請求と一括払いの関係について

治療途中で任意保険会社が治療費・休業損害等も支払している段階の被害者請求は、煩雑な処理が掛るのであまりお勧めはしません。途中で被害者請求に切り替えると自賠責保険基準での損害額から今まで支払を受けた自賠責分の保険金を差し引いた残額だけの支払を受ける事になります。

被害者請求を利用した方が良い・利用すべき場合は、

①損害賠償金額について任意保険会社と被害者との間に大きな開きがあり示談が困難と考えられる場合。(紛争処理センターか裁判所での解決を目指す。)

②後遺障害が認定された場合において、自賠責保険の後遺障害部分の保険金は通常示談成立まで支払われませんので、被害者請求により支払を受けます。そして残りの損害部分を交渉して示談または裁判提起により相応な金額の支払を受けます。

③一括払い利用した場合で、後遺障害等級認定に不服がある場合で異議申し立てをする場合

このページの先頭へ