内容証明誓約書示談書作成代行

自賠責保険の請求方法

自賠責保険の請求方法(加害者請求と被害者請求)

自賠責保険金請求には、加害者が被害者に支払った賠償金の範囲内で保険金の請求ができる「加害者請求」と、被害者救済のために被害者から保険会社に直接に請求できる「被害者請求」があります。

加害者請求

加害者から被害者に損害賠償金の支払いをしたとき、示談が成立していなくても保険会社に対して、その支払額の範囲内で保険金支払いの請求をすることができます。

 
加害者請求には、内払金請求と、本請求があります。

内払請求とは、被害者の治療が継続中などのために、総損害額が確定していないときでも、加害者が被害者に治療費などを支払ったときに、10万円を超える場合に10万円単位で内払請求ができるというものです。(実際に被害者に支払った金額を限度に請求できますので、領収書など支払いを証明する書類が必要です )

本請求とは、損害額が確定して、被害者に賠償金を支払った場合、その支払いの範囲内で保険金支払請求ができるというものです。 

 

被害者請求

被害者は、加害車両の加入している保険会社に対し、直接、保険金額の範囲内で損害賠償額支払いの請求ができます。

被害者請求には、仮払金請求、内払金請求、本請求とがあります。

仮払金請求は、被害者が事故後、治療費などの当座の費用に充てるために請求できるものです。仮渡金の金額は被害者1名当たり、死亡された方は290万円、傷害を負われた方はその程度に応じて40万円、20万円、または5万円となります。仮払金請求は、加害者からすることはできません。

内払金請求は、治療期間中の治療費・休業損害費等を、総損害額が確定していないときでも、損害額(既に仮渡金の支払いを受けている場合は、仮渡金を含んだ額)が10万円以上の場合に内払金支払いの請求をすることができます。(診療報酬明細書など損害を証明する書類が必要です)

本請求は、損害が確定した後で、加害車両が加入している保険会社に対し、直接、保険金額の範囲内で損害賠償額の支払いを請求できるというものです。

このページの先頭へ