イメージ画像

示談が成立しないと賠償は支払ってもらえないのでしょうか。

治療費や入院費などのほかにも少しは賠償額を支払ってほしい。それをもとに弁護士を依頼して…などと思うことはありませんでしょうか。

保険会社は治療費や入院費などは立替払いをしてくれますが、

その他の休業損害や慰謝料などは原則として一括払いをしてきます。

つまり、示談が成立してから全額を支払うという方法です。

ただ、そうなると示談の金額で争いたい場合に困る場合があります。

例えば金額について争う時に弁護士に依頼するとして、そのための手付金が必要になる場合です。

このような場合は確定した損害について自賠責に直接請求してしまうことが出来ます。

保険会社から、症状固定したのだから今後の治療費は支払わないといわれたのですが…。でも触れた被害者請求です。

これを行うことで一定の金額を得て、それを必要な出費にまわすことが出来るようになります。

つまり、示談が成立する前でも自賠責の範囲内であれば直接支払いを請求することが出来るということです。

交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ