イメージ画像

むち打ちなのですが後遺症等級は認められるでしょうか…。

むち打ちは後遺障害には認められないとしてあきらめている方が多いようです。

すぐにあきらめるのは妥当ではありません。

むち打ちは後遺障害の12級と14級にあたる可能性があります。

「むち打ちは証明できないから認定されないよ」とおっしゃる医師もいますが、決してそのようなこともありません。

ただ、認定されるのが難しいのも確かです。

その難しさはどこにあるかというと、基準が明確でないからということと、客観的な検査結果として出にくいからです。

客観的な検査結果としてでないのは、レントゲン写真などでは明らかにならないという意味ですが、

基準が明確でないというのは、

12級には「局部に頑固な精神症状を残すもの」とされており、

14級には「局部に精神症状を残すもの」とされているだけです。

これだけしか明らかにされていないので認定がとりにくい訳です。

ただ、何例も数をこなしていくと自然と基準がおぼろげながら分かってきます。

もちろん当事務所だけでは経験数が足りませんが、そのあたりは様々な行政書士の方と連絡をとることで分かってきている部分があります。

そのようなことで、絶対に認定がとれと保証することはできませんが、ある程度の予測はたてることができます。

詳しくは一度無料相談をご利用ください。

交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ