イメージ画像

後遺症が認められなかったのが不服なのですが…。

後遺症認定が認められなくても、異議申し立てをすることができます。

一度認められなかったのだから二度したところで変わらないという思いもあるかもしれません。

しかし、認められなかった理由を見て不当であれば、やはりそれはきちんと異議を主張しておくべきです。

異議が認められない場合もありますが、認められる場合ももちろんあります。

参照 異議申立で14級9号が認定されました(足の一部感覚損失)

なお、異議申し立てに回数に制限はありません。

ただ、同じ理由や同じ資料を付けて異議申し立てをしたのでは何度行っても結果は同じです。

後遺症認定を得れる可能性があるかを専門家にご相談の上、異議申立をしてみてはいかがでしょうか。

交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ