イメージ画像

過失があるので賠償を支払わないと言われました。どうしたら…。

被害者の過失があまりに高いと「損害賠償は支払わない、自分で自賠責を請求してくれ」と任意保険側から言われることがあります。

こう言われても困る必要はありません。

このような場合、まずは被害に応じて仮渡金の請求を行いましょう。

また、診療の際には健康保険を使うようにしましょう。

仕事中の事故であれば労災保険も使えます。

どちらにしろ第三者行為届けを提出しておく必要があります。

こうしておけばとりあえずは問題なく診療を続けられます。

ただし、仮渡金はあくまで仮のものですので、損害額が確定したら被害者から本請求をしなくてはなりません。

その際に損害が仮渡金を下回れば返還することになりますし、上回れば差額を請求することになります。

このような手続きを経ることはその後に有利に働く場合があります。

最初に保険会社が「過失があまりに高い」と判断したのはあくまで保険会社の判断であり、自賠責側の判断とずれることがあるからです。

本請求をすると、自賠責の判断による過失割合が分かります。

自賠責の判断と保険会社の判断がずれた場合どちらが採用されるか。

言うまでもなく自賠責です。

大抵は任意保険側が過失割合を大きく言うので、被害者に有利になることが多いです。

もちろん自賠責が認めた過失割合について異議申し立てをすることもできます。

少し分かりにくかったかもしれませんが、交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ