イメージ画像

賠償額を争いたいのですが、弁護士費用が不安です。

十分な弁護士費用を事前に払ってくれる保険はなかなかありません。

そのような場合どうすればいいでしょうか。

治療費・入院費などは加害者の任意保険会社が支払わなければならない時に支払ってくれます。

しかし、慰謝料などはすべて話がまとまらないとなかなか払ってもらえません。

慰謝料に関して不服がある場合はもちろんです。

そうなると慰謝料額などを巡って争わなければなりません。

争う方法はご自分のみでももちろんできますが、弁護士に頼むという方が多いでしょう。

そうなると先立つものが必要となります。(弁護士によって報酬は違いますので、費用については弁護士にご相談ください。)

賠償額を争いたいから弁護士費用を先に支払ってくれと保険会社に支払ってくれと言っても支払ってくれる保険とそうでない保険があります。

(支払うにしても全額となるとなかなか難しいものがあります。)

このような場合に弁護士費用が高いからといって任意保険会社としぶしぶ示談に応じる必要はありません。

まずは予想される賠償額を計算します。

その上で、弁護士費用を支払っても利益になる(弁護料以上に賠償額が増額する)と思えれば弁護士に依頼されればいいです。

そのためのお金はどこから得るか。

被害者請求で先に自賠責から賠償額を得ることで可能になります。

弁護士に依頼する金額を自賠責から先に払ってもらうことでねん出し、その分以上に請求額が増額できればしぶしぶ示談するよりは得になります。

少し分かりにくかったかもしれませんが、詳しくはご相談ください。

また、その他の問題についても交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ