イメージ画像

自賠責の基礎知識

自賠責について基礎的なことを理解してみましょう。(箇条書きです)

公道を走るクルマやバイクは加入が義務。

被害者に100%の過失があると賠償の対象外。

相手との交渉や保険金の請求などを手伝う制度はない。

保険金の支払いができるのは、「他人」に対する損害のみ。

「モノ」に対する損害や、自分の体、自分のクルマの損害は対象外。

一人あたりの支払限度額が定められている。

一つの事故で被害者が複数の場合は、それぞれの被害者に一人あたりの限度額まで支払われる。

自賠責保険の賠償金の最高限度額は、1事故1名につき、死亡3000万円、重度の後遺障害4000万円、ケガ120万円。

根拠法は自賠法。

加害者は自分に過失がなかったことを証明しない限り、被害者に対する賠償義務を負わなければならない。

自賠責請求には交通事故証明書が必要(必ず警察に届ける事)。

被害者請求の時効は2年。

 

交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ