内容証明誓約書示談書作成代行

損害賠償の算定基準

三種類

  • 自賠責保険基準
  • 任意保険基準
  • 弁護士会(裁判所)基準

があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

自賠責保険基準

自賠法に支払基準が明記されており、これに基づいて支払われるものです。

補償金額は最も少なく算出されます。

任意保険基準

損害保険各社の支払基準です。

保険の自由化以前は統一された支払基準がありましたが、現在では廃止されています。

ただし、現在でも統一基準を参考に賠償額を提示する保険会社があります。

弁護十会基準

弁護士会が過去の判例を参考に基準額を算定したものです。

日弁連交通事故相談センター東京支部の作成する「民事交通訴訟損害賠償算定基準」(通称『赤い本』)がこれにあたります。

つまり、

自賠責保険基準く任意保険基準く弁護士会基準

となるのが通常です。

交渉に際して

被害者としては、当然裁判でも認められており、最も高くなる弁護士会基準で計算し、賠償を請求すればいいでしょう。

ただし、弁護士会基準で算出した賠償請求額は、必ずしもすべて認められるわけではありません。

弁護士会基準は、あくまで実際に裁判を起こした場合に認められる基準です。

その点を加味した上で計算されるとよいと思います。

このページの先頭へ