内容証明誓約書示談書作成代行

事故後の対応

実況見分に基づく供述調書の作成

実況見分は、当事者立会いのもとで事故直後に行われ、調書が取られます。

もし被害者が負傷して病院に運ばれてしまっていたら、加害者だけが先に説明を行い、被害者は後日改めて行います。

見分内容は、

  • 事故発生の日時と場所・天候
  • 立会人( 被害者、加害者、目撃者)の氏名
  • 事故当時の交通量や路面状況、加害
  • 車両と被害者または被害車両の位置
  • 事故車両のナンバー、損害状況
  • 現場見取り図や写真が添えられます

実況見分調書をもとに「供述調書」が作成されます。

内容に間違いがあればその場で訂正を求め、訂正に応じてもらえない場合などは署名押印を拒否してもかまいません。

 

病院で診察を受ける

目立った怪我が無くともきちんと病院に行って診察してもらうようにしましょう。

物損事故と人身事故では扱いが異なり、あとで変更するのは非常に手間がかかるからです。

また、任意保険で人身事故でないと後遺障害に対する保険金の支払いがなされないという不便さもあります。

保険会社への連絡

以下のことをきちんと報告しましょう。

保険金の支払いを受けるためには必要です。

契約内容

契約者、被保険者の氏名、保険証券番号

事故の内容

事故の発生日時、場所、事故状況

損害の内容

双方の損害の程度

損害賠償を請求されたときはその内容

相手の情報

相手の住所と氏名、連絡先など

その他

目撃者がいたときはその住所と氏名

交通事故証明書の交付申請

交通事故証明害とは事故発生を証明するもので、事故の発生日時場所、当事者の住所、氏名、事故類型などが記載されています。

損害賠償請求に必要な証明書のひとつですから、必ず発行を受けるようにしましょう。

事故現場を管轄する各都道府県、または最寄りの自動車安全運転センターの窓口で申請できます。

郵便振替により交付申請できます、申請用紙は自動車安全運転センター、警察署、交番で受け取ることができます。

交付手数料は1通600円です。

このページの先頭へ