イメージ画像

異議申立で14級9号が認定されました(足の一部感覚損失)

事例紹介です。

よくむち打ちなどは証明が難しく、後遺障害が認められないと言われますが、そうでもないという結果が出た事例です。

車とバイクの事故でしたが、足を痛められて感覚がなくなっている状態でした。

ただ、レントゲンやCTなどにはその状況は写っていません。

そのため、一度申請しても認定は否定されました。

普通そのような場合は後遺障害が認められないとあきらめてしまわれる方が多いです。

しかし、その結果に満足できないということでご依頼していただきました。

当事務所でも安易に希望を持たせる訳には行かないので、事情を聞き、認定が否定された書面などを見せていただいて、法律や後遺症認定がどのような仕組みになっているかをきちんと説明させていただきました。

その上で、希望を見いだすなら「〇〇の点」を主張して認定を求められるといいでしょうとアドバイスして、その点に力を入れて医者に診断書を書いてもらいました。

残念ながら医者も「事実は事実だから、言われたようには書けるけど、これは認定取れないよ」と言った有様でした。

正直こちらも可能性は低いと考えていました。

しかし本人の強い意志に後押しされて出来る限り認められるように異議理由を書き、資料を添えて申請しました。

そうすると、少したって本人から等級が認められたとの連絡が入りました。

良かったと思う一方、本人の意思の強さの勝利かなと思いました。

もちろん、認定の要件になったのは〇〇かなと気づくことはありましたが。

(単なる予想で不確かなので書けません。)

ただ、大事なのはやはり周りが否定的でも自分が納得出来るまでは戦うという意思です。

そのような意思を持てるように今後もサポートを続けていければいいなと思いました。

交通事故・後遺障害認定・自賠責でお悩みの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

メール相談は無料です。

こちらのメールフォームからお願いします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. [...] 場合もありますが、認められる場合ももちろんあります。参照 異議申立で14級9号が認定されました(足の一部感覚損失)なお、異議申し立てに回数に制限はありません。ただ、同じ理 [...]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ